SUBARU XVにドライブレコーダー(カロッツェリアND-DVR1)取り付け

XVにドライブレコーダーを取り付けました。最近、街中の交差点で”事故を目撃した人は連絡ください”みたいな看板を沢山見かけるようになった。これって、双方の言い分が違っててどちらが正しいか判断できないって事だよね?。万一、事故になった場合にこのような事にならないためにもドラレコを取り付けることにした。もちろん、自分が加害者になる可能性もあるのでドラレコ付けることで、より一層安全運転を意識すると思う。あと、ND-DVR1は駐車時に振動検知すると記録が残る機能がある。駐車場などでの当て逃げも記録するこができる。フロントにカメラ付けたのでフロント以外からぶつけられたら状況が見えないけどね(^^;
xvにはアイサイト用のカメラがあり大きなドラレコは映り込んで影響が出る可能性があるので分離型のND-DVR1を選択。ディラーオプションにも分離型のドラレコがあり、同じようなサイズだったのとネットで探すとアイサイト付きにND-DVR1を取り付けている方が結構いた&楽ナビなのでドライブレコーダーと連動可能なのでこれに決定。

カロッツェリア(パイオニア) ドライブレコーダー ND-DVR1

カメラを運転席側にするか助手席側にするか悩んだ。ディーラーオプションのドラレコは運転席側についているが、運転中に視界に入る。助手席側は視界に入れないがワイパーの拭き取り範囲内にカメラを設置しようとすると場所が限られる。結局取り付けたのはスバル純正と同じ位置。純正の取り付け位置であればアイサイトなどの影響もないと思われるので。

スバル純正ドラレコ(SUBARU Webサイトより)。運転席側のアイサイトカメラから数センチ離した場所にカメラが取り付けてある。純正は工賃込で5万円・・・高い。ND-DVR1は1万4000円で購入、取り付けは自分でやったので工賃無し。


黄色いところが物などを置いたり設置したりするのがダメな禁止エリア。カメラは運転席のAピラーから30cmのところなので禁止エリア外で問題なし


実際にカメラを取り付けた場所。SUBARU純正ドラレコの取り付け位置及び純正を取り付けた方のサイトでカメラ位置を見て、ほぼ同じ場所と思われるところに取り付け。付属の両面テープが白っぽいので目立つな?。そのうち、黒の両面テープに取り換えるつもり。カメラは縦横3cmなので小さい。運転席から見ると今まで視界になかったところに黒いカメラがあるので最初は気になったが、小さいので半日も乗ってたら慣れて気にならなくなった。


本体は運転席の左下。取付推奨位置がこのあたりだったので。カメラの配線はフロントガラスと天井の隙間に押し込んで、Aピラーの中を通し本体に接続。本体の電源類は楽ナビの配線にギボシが付いているのでそこに接続。一番大変だったのがAピラーを外す作業。サイドカーテンエアバックが入っているので壊さないように慎重に行った。手順はgoogle先生に問い合わせ(^^;


動画から切り出したスナップショット。実際の動画は近いうちにUP予定(近所の映像じゃ~・・・なので)。このドラレコは楽ナビと連動できる。日時、緯度経度、スピード、方角をナビのGPSから取得するので詳細が記録される。カメラが広角なので運転席側のAピラーが映り込むが、下の動画は純正ドラレコの映像だが同じようにピラーは映り込んでいるのでこれは仕方なし。ナビ画面で再生すると画像は粗いがPCで再生すると高画質。


スバル純正ドラレコの画像。スバル用品株式会社Webサイトより