電気配線の絶縁・防水には自己融着テープがお勧め

私は普段から良く利用していますが、知らない人も多いみたいですね。

ちょうど、ソーラーパネル取り付けで使ったので自己融着テープって

どんなものなのか、簡単に説明します

見た目は普通の絶縁テープと変わらないです

キャンピングカーなどの電気配線をする際、接続部などを

絶縁する目的でビニールテープを巻く場合があると思いますが、

どうせなら、もっと完璧なテープを巻くことをお勧めします

普通の絶縁ビニールテープは電線が接触してショートしないために

巻いたりしますが防水はできません。

外部で雨などがかかる場所や湿気が多い場所などでは

金属が錆びる場合があります。

そんな時、重宝するのが自己融着テープ。

キャンピングカーの電装系をいじるとき、私は必ず使用しています。

このテープは巻きつけて時間がたつと、自ら融着するテープです

簡単に言うと、テープ同士がくっついてゴムのように一体化します。

一度、融着すると普通のビニールテープのように剥がす事ができません。

完全にテープ同士がくっつき隙間がなくなるので剥がすときはカッターで切ります。

そのため、一度融着すれば防水性能も高いです

価格はちょっと高めですが、電装系のトラブル防止の為にもお勧めです 😉

使う際の注意点としては、テープを伸ばしてから巻く事!

このテープ自体にはあまり接着力がありません。

普通に巻いても接着もしなければ融着もしません。

本当にこんなテープで大丈夫か?と思いますが

あら不思議!

巻くときにテープを引っ張ってテープ幅が半分以下になるよう伸ばしてから巻くと・・

巻いた直後は簡単に剥がすことができますが、時間たつと手では剥がせません

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【自己融着テープ】【絶縁用テープ】「古河エフコテープ2号」
価格:410円(税込、送料別) (2016/7/21時点)